ドライフラワーの方法

 

おはようございます😁

先日ブログで紹介させていただいたミモザを、今回は“シリカゲル法”でドライフラワーにしたので紹介させていただきます。


       ミモザの鮮やかな色を残す「シリカゲル法」

最大のメリットは、ミモザの生花の色合いをキープできることです! 「シリカゲル法」は、花びらが多い立体的な花に向いた方法です。この方法なら、バラもドライにすることができ、生花の鮮やかな色が残りやくなります。

食品に使われていたシリカゲルでも作れますが、まず間違いないのは「ドライフラワー専用のシリカゲル」を使うことです。ネットやショップで販売されていて、使ったシリカゲルは繰り返し使用できます。


シリカゲル法で必要なもの

・ミモザ

・シリカゲル *粉末状のもの。ドライフラワー用が最適

・タッパー

・ピンセットか割り箸

・ハサミ

シリカゲル法のコツと注意点

シリカゲルを用意するときは、ドライフラワー用を選びましょう。ドライフラワー用シリカゲルは、花びらの間に入りやすいよう、さらさらとした粉末状。


シリカゲルによるドライフラワーの作り方

①タッパーにシリカゲルを敷きます。目安は底から3㎝ほど。

②花同士が重ならないようにしながら、ミモザをシリカゲルの上に並べます。

③ミモザの上にシリカゲルをやさしくかけていきます。

④まんべんなくシリカゲルをかけて、花も茎も完全に見えなくなればOK。しっかりと蓋をします。

⑤1週間ほどしたら、乾燥しきっているか確認しましょう。シリカゲルをかき分け、ピンセットか割り箸で茎をつまんで取り出してみて。茎を少し折って、ポキッと折れたらできあがり。あとは、タッパーを傾けながら、お皿や新聞紙にシリカゲルをあけて、花が見えたら、ピンセットなどで茎をつまんで取り出します。

花は小さくしぼんだものの、色はあまり変わりません。

アクセサリーやハーバリウムなどに使うドライフラワーとして作るのがおすすめです。


インスタグラムも更新中

“庭楽館”で検索お願いします。