失敗しないための外構づくりとは?
家を建てる時、家のことばかりに頭がいっぱいになり、外構のことは二の次になってしますことがほとんどです。そして、もっと外構のことを考えて家をたてれば良かったと後悔される方が沢山いらっしゃいます。
失敗しないな家づくりをするには、外構も同時に考えることが必要です。
家づくりと外構工事を同時進行すると得られる大きな3大メリットを紹介します。
サブタイトルが入ります。

タイトルが入ります。

テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

機能性の向上

外構工事と家の工事を同時に考えることで、室内と屋外の機能が一貫したものになり、使い勝手や快適さが向上します。室内から庭園へのアクセスを考慮することができます。また、同線の確保も大切です。毎日の生活において、駐車場から玄関ドアや勝手口までの動線確保は非常に重要です。外構業者として、使いづらくならないようにプランニングをしますが限界はあります。あらかじめ、駐車場やアプローチ、門柱の場所、車の出し入れがしやすいかなども考えておく必要が有ります。

GLの設定

GLとはグランドレベル(ライン)の意味で、建物の高さのことを言います。GL設定が高すぎると、アプローチで段差が多くなってしまい、GL設定が低すぎても水勾配が取れず雨の処理が出来なくなります。
敷地状況と建物配置によってかなり重要な設定になってきます。

統一されたデザイン

家と外構工事を同時に行うことで、統一されたデザインと一貫性のある外観を実現できます。外構デザインを家のデザインに調和させることで、美しい全体的な印象を作り出すことができます。
項目を追加

出来上がった家は立派でも、とても使いにくい外構に
なってしまうといったことも、よくあります。
「家を優先して、外構はあとで」と考えてしまうと、
とても不便な住まいとなってしまいます。
建物と外構、デザインと使い勝手がマッチしてこそ
「家づくり」が完成です。
あとで「しまった!」とならないためにも建物建築の計画を
開始されたら、外構も同時進行でお考えください。 
Garden studio 庭楽館では、
外構から考える失敗しない家づくりをご提案いたします。

ガーデン・エクステリアの事なら庭楽館

下記の電話、Fax、メールよりお気軽にお問い合わせください。
Tel.0120-846-148 Fax.0795-42-1915