社長のブログ

課題を先回りして解決するプロの仕事とは?

皆さんこんにちは。庭楽館です。
今回は、兵庫県小野市にお住まいのT様の、外構工事のときのお話をさせていただきたいと思います。

1

外構工事を発注される前に
外構工事は、施工業者が話し合いの中でお客様のご要望を理解することから始まります。

 

ご自宅を新築されるT様は、弊社をエクステリアの専門雑誌で見つけてお問い合わせくださいました。お話をお聞かせいただくと、車2台分と駐輪場を兼ねたカーポートの設置、洗濯物干しや、子供と遊べる庭スペースを確保したい、というご要望のあることがわかりました。

 

今回は、ご自宅の建物部分のご担当工務店様の提携外構業者様、地元の業者様、そして弊社の3社での相見積もりとなりました。
見積もり競合は、お客様が外構工事の相場をつかむことができますし、予算あっての施工作業ですから、当然のことです。

 

提携業者様のプランは、お客様のご希望が反映されておらず、高価格ということで除外となりました。残った地元の業者様と弊社との競合で、お客様への対応が良かったという理由で弊社を選んでいただくに至りました。

 

隠れたご要望に耳を傾けるのが私たちプロです
お見積もり提出の後は、全体プランのご提示です。
生活動線を考慮したデザインは、最初のプランで納得していただくことができました。
さらに、もっと細かなフェンスやカーポートの種類、植栽の量などについてご納得いただけるまでディスカッションを重ね、結局3度目のプランで施工が決定しました。

 

私たちは、この過程で経験や知識をもとに、さまざまなご提案をさせていただきました。施工業者の仕事とは、お客様のご希望通りに工事するだけではありません。お客様ご自身でも気付かない隠れた要望や、潜在的な問題に気付き、それを先回りする解決案をご提示できるところがプロとしての腕の見せ所です。
今回のT様へもお勧めしたポイントがいくつかありました。

 

・オール・イン・ワンのカーポート
もともと車2台分の駐車場と駐輪場のご要望でしたが、車2台分のカーポートとサイクルポートを別に建てると柱の数が増え、使い勝手も悪くなります。そこで、車3台分のカーポートを設置し、オール・イン・ワンの駐車・駐輪スペースを確保しました。

2

・動線を考えた門柱ポジション
門柱の位置を玄関前に持ってきました。これで、カーポートに駐車がスムーズにできる広い間口が確保でき、また、新聞受けのついた門柱から朝の新聞が取りやすくなりました。

3

・圧迫感のないプライベートゾーン用フェンス
お庭に必要なフェンスは、完全に遮蔽せず、目隠し率88%というフェンスを採用しました。圧迫感がなく、絶妙なさじ加減でプライベートを確保できる、スマートなフェンスです。

4

・お手入れ不要、まるで本物の人工芝
お庭には、少し枯れ葉混じりの、とてもリアリティのある人工芝を使用しました。面倒なお手入れが一切必要ない人工芝ですが、まるで自然の芝のようにふわりと心地よいですよ。

5

安心できる庭づくりのプロをお探しの方、まずは庭楽館にご相談に来られませんか?

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。
では、また次回に!

 

 

<庭楽館・担当者からのコメント>
シャープなデザインのカーポートと、リラックスできるグリーンエリアのあるT様邸エクステリアが完成しました。工事完了のアンケートでは、変更に柔軟に対処したところや、サイドパネルの収まりがイメージ図以上に良かったところなどを挙げられ、ご好評をいただきました。大変光栄に思っております。
3社競合の中から庭楽園をお選びいただき、仕上がりにご満足いただけたことは、何よりでした。
これからはお子様と遊んだり、バーベキューを楽しんだり、お庭のあるご家族の時間をぜひ楽しんでいただきたいです。