社長のブログ

秋の季節を、ガーデンルームで楽しんでみませんか?

暖蘭物語1

 

皆さんこんにちは。庭楽館です。

 

季節も秋に入り、「秋晴れ」というように、突き抜けた青空が広がる良い天気も多くなってきていますね。
ただ、冬も確実に近づいてきて、少し肌寒い時期。
そんなときは、半屋外の「ガーデンルーム」で過ごすのがオススメです!

 

 

ガーデンルームとは?

 

「ガーデンルーム」とは、屋外に設ける部屋のようなもので、いわゆる「もう1つのリビング」です。
ほとんど「フルオープン」のウッドデッキやテラスとは違って、屋根にはしっかりとした採光ルーフ、壁面はガラスの折れ戸やガラスパネル、窓のついた腰壁などで囲まれていて、場所こそ屋外には突き出ていますが、より「部屋」に近い感じになります。

 

img_a110003001_03

 

つまり、屋外のように自然を身近に感じながらも、適度に快適性を確保した空間ですので、
「親しい友人たちを招いて、お茶会をする場所」
「子供と愛犬の自由な遊び場」
「多少汚れても気にならない、裁縫やDIY、陶器づくりなどの趣味の作業部屋」
「家を建てるときには叶わなかったご主人の書斎」
「庭の夜景を眺めながら、夫婦で楽しめるワインバー」
などなど、工夫次第でいろんな使い道ができます。

 

いくらでも暮らしの広がるガーデンルームですが、各エクステリアメーカーでは、実にさまざまな種類を販売しています。
そこで今回は、LIXILのガーデンルーム「エクシオール」をご紹介していきたいと思います。

 
 
より自然を身近に感じられる「ココマ」

(メーカー希望小売価格:2間×6尺で\952,800~)

 

加西市M様邸

加西市M様邸

屋内から屋外を眺めた際の、正面の壁を固定されたシースルー素材(前面フィックスパネル)にしているのがポイントのガーデンルームです。
パーゴラをベースにガラスで覆ったようなシンプルな造りで、より屋外との一体感を感じることができます。
L字腰壁や日除け、カウンターテーブル、飾り棚など、オプションパーツも豊富にあるので、こだわりの空間に仕上げることができます。

 

加西市M様邸のココマは、床にタイルを敷いて愛犬用のスペースにしました

加西市M様邸のココマは、床にタイルを敷いて愛犬用のスペースにしました

  • 三木市N様邸では雨の日でも洗濯物が干せるように「可動竿掛け」を設置。 三木市N様邸では雨の日でも洗濯物が干せるように「可動竿掛け」を設置。
  • 子供が自由に遊べるように床に人工芝、腰壁には折りたたみ式のカウンターテーブルを導入しました 子供が自由に遊べるように床に人工芝、腰壁には折りたたみ式のカウンターテーブルを導入しました

 

エレガントで本格的な「暖蘭物語」

(メーカー希望小売価格:2間×6尺で\1,279,600~)

 

小野市T様邸

小野市T様邸

堅牢な部材で構成され、まさに屋内空間とひと続きになったような空間が特徴です。
エレガントなデザインの折れ戸もポイントで、全面ガラス張りの贅沢なサンルームを手に入れることができます。
屋根のフィックスパネルは、はガラスの約200倍の耐衝撃強度を持ち、特殊コーティング紫外線をほぼ100%カットするポリカーボネート板。
ほかにも熱線吸収・防汚タイプもラインアップし、最大積雪50cmに耐えるタイプも選べます。

 

小野市T様邸の暖蘭物語は、全面ガラス張りの明るい空間です。イスを1つ置いて、優雅にお茶と読書を楽しんでいるそうです

小野市T様邸の暖蘭物語は、全面ガラス張りの明るい空間です。イスを1つ置いて、優雅にお茶と読書を楽しんでいるそうです

 

日本の四季を楽しむモダンな軒空間「ジーマ」

(メーカー希望小売価格:2間×6尺で\997,7 00~)

 

加東市A様邸

加東市A様邸

透明なポリカーボネート屋根の「採光ルーフタイプ」のほか、内天井付きの「軒ルーフ」の設定も選べるガーデンルームが、「ジーマ」です。
その最大の特徴は、柱だけを残してフルオープンにできる「折戸パネル」にあります。

前面の折戸パネルを側面にまとめて収納することができ、シチュエーションに合わせて、囲まれる安心感のある部屋と、開放的なオープンデッキの両方を、思いのまま楽しむことが可能です。

 

加東市A様邸のジーマ。過ごしやすい季節にはフルオープンにして、オープンテラスとしてBBQを楽しみ、冬は閉じてサンルームとして使っているそうです

加東市A様邸のジーマ。過ごしやすい季節にはフルオープンにして、オープンテラスとしてBBQを楽しみ、冬は閉じてサンルームとして使っているそうです

 

狭小地でも設置可能で手頃な「フィリア」

(メーカー希望小売価格:2間×6尺で\609,900~)

 

フィリア

フィリア

出幅4尺(1,381mm)にも対応し、狭い庭にも対応したパーツが充実の「フィリア」。
側面を覆う折れ戸ももちろん狭小地仕様で、外側に障害物があっても大丈夫なように、内側に折り畳むタイプです。
「雨の日の洗濯干し場」「雨よけのある物置やサービスヤード」といった、ちょっとした敷地空間の有効活用にぴったりのガーデンルームです。

 

フィリア1

 

いかがでしたでしょうか。
これまでできなかった新しいライフスタイルが楽しめる、開放的なガーデンルーム。
今ならLIXILで、最大10万円分の購入サポート資金が当たるキャンペーン「購入サポート資金プレゼント」を実施しています。
なお、応募受付は2017年11月30日(木)までなので、ご注意ください!

 

<購入サポート資金プレゼントの詳細>
http://lecp.jp/garden/

bnr_garden_room_316

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
それでは、また次回!