社長のブログ

ピンコロ石を使った舗装工事のポイントをお教えします!

皆さんこんにちは。庭楽館です。

 

ピンコロ石はホームセンターでも気軽に入手できるということもあって、DIYの材料としても人気です。

そこで今回は、兵庫県高砂市にお住まいのY様の舗装工事を例に、業者ならではのピンコロ石の舗装工事のポイントについてご紹介したいと思います。

 

 

旅行先のドイツで見た石畳に憧れて

 

Y様邸は旗竿状の敷地で、道路から建物までに長いアプローチがあります。

しかし土がむき出しになったままで、雨天時などは水たまりなどできて困ることがありました。

 

「いつかは歩きやすいように舗装したい…」

そんな思いをつのらせるY様が思い描いていたのは、ドイツへ旅行した際に見た石畳でした。

Y様の旅先となったドイツの街では、道路はアスファルトではなく、ピンコロ石が敷き詰められ、とても良い雰囲気でした。

いつしか、「自分の家にもこんな石を採り入れたい」と思うようになっていました。

 

pixta_10461009_M

(ドイツの石畳の街並み)

 

Y様は当社のホームページをご覧になり、掲載されていた施工事例を気に入ってくださりご来店されました。

打ち合わせではY様がドイツの石畳の明確なイメージを持たれていたこともあり、その思いを当社もしっかりと受け止めることができ、3D画面による分かりやすさも手伝って、初回のプレゼンで安心して工事のご依頼をいただくことができました。

 

 

ピンコロ石による舗装の施工手順

 

早速、現地調査をさせていただき、着工しました。

その工事の手順を、施工写真に沿ってポイントとともにご説明します。

 

1.基礎コンクリート打設 

外構では下地が重要になります。

特に駐車用スペースに敷石する場合は、石の上に重い車が載ることになりますので、下地がしっかりとしていないと確実に沈み込んでしまいます。

Y様邸でもアプローチを駐車スペースとして活用されますので、砕石を敷き硬め固めた上に配筋をしてコンクリートを流し込み、基礎を作りました。

 

IMG_0315

この際の注意点は、排水の勾配を考えて、基礎にも勾配をつけること。

Y様邸では、建物から道路に向かって雨水が流れるように、ピンコロの高さ、モルタルの厚みを考慮しています。

雨水管の点検口も、仕上がりの高さに合わせて高くしています。

 

基礎工事は難易度が高いので、DIYをされる方は業者に頼んだほうが良いかもしれません。

 

 

2.石敷

基礎の上にモルタルを敷き、その上にピンコロ石を敷き詰めていきます。

敷地に合わせてうまく納まるように、隙間も調整しながら石を置いていきます。

 

IMG_0340

ピンコロ石の高さは、糸を張って勾配を決めたうえで、モルタルで調整していきます。

このキレイに勾配を付け、高さをそろえていく作業がとても大切です。

ひとつ1つ、丁寧に高さをそろえていかなければ水が溜まったり、凹凸でつまずいたりする原因となります。

なお、当社で導入しているピンコロは一般的なものと比べて加工がきれいでシャープな形状です。

平らに整える作業もスムーズです。

 

画像

 

3.細かい部分は適宜カット

雨水管のまわりなどは、ピンコロを形状に合わせてカットします。

カットする部分に印を付けて、カッターで少しずつ削って形を合わせていきます。

 

画像2

カットには相当の時間が掛かり、たいてい複数にまたがっています。

そのため、どうしても工期が伸びてしまう原因になりますが、きれいに仕上げるためにはどうしても必要な時間です。

 

 

こうして完成したY様邸のアプローチ。

ドイツの街で見て以来、憧れだったピンコロ石の駐車場が完成しました。

所々白く見えるブロックは地面に埋め込んだ照明で、夜でも玄関までスムーズにたどり着けるように明るく照らしてくれます。

 

IMG_2726

IMG_2739

「いろんな人から『素敵になったね』と誉めてもらっています。

職人さんも優しく丁寧な方たちで安心してお任せすることができました。

こだわっていた石畳みの駐車場は、想像していたのよりもきれいに仕上がり、とても満足しています!」と、Y様。

 

水も滞りなく流れ、Y様がご満足いただける仕上がりとなり、とても嬉しく思いました。

 

 

いかがでしたでしょうか。

使い勝手がよく、DIYでも人気のピンコロ石。

注意点はいくつかありますが、うまく仕上がればとても素晴らしい雰囲気になります!

 

なお、当店では外構、エクステリア資材の販売も行っています。

営業エリア内の加東市、小野市、三木市、加西市、西脇市、多可郡に限りますが、材料をご自宅までお届けいたします。

今回のピンコロは、半丁掛け(90×90×45)が1120円、1丁掛け(90×90×90)が1150円、2丁掛け(90×90×180)は1300円(すべて税別)で販売しています。

 

画像3

 

もちろん、当社はピンコロ石の施工も得意としていますので、ご興味のある方は、ぜひ庭楽館へご相談いただき、素敵な舗装を手に入れていただきたいと思います。

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

それでは、また次回!

 

IMG_2729

 

<庭楽館・担当者からのコメント>―――――

高砂市といえば当社の施工範囲としては少し遠方になるのですが、ホームページでの施工例を気に入ってわざわざご来店くださったとのことで、大変感謝しております。最初のご来店時からお客様の外構のイメージがしっかりと固まっておられたこともあり、初回のプレゼンで工事をご決定され、施工もスムーズに進めることができました。ピンコロの駐車場のほか、ウッドデッキの工事もご依頼いただいたのですが、どちらも大変気に入っていただき、とても嬉しく思いました。

1級エクステリアプランナー 赤瀬 伸)

 

<工事内容>―――――

場所:兵庫県高砂市

主な材料:ピンコロ黒御影石

施工面積:約42㎡

施工費用:約150万円(材工共)